休息と薬剤治療が要!うつ病の症状を把握して改善傾向にもっていく

治療を受けて病気と向き合う

充分な休息を

看護師

どんな人でもかかる可能性が

うつ病は、まじめな人ほどかかりやすいと言われている心の病です。たしかに、症状を発症している患者はまじめなタイプの人が多めですが、まじめだからかかるとは限らないです。今は、ストレス社会と言われている現代なので、どんなタイプの人でも発症する可能性を秘めています。一度発症してしまうと、風邪みたいな身体的な症状とは異なり、すぐには治らないのが特徴です。うつと言っても、あらゆるタイプの症例が存在していて、ハイな気分とローな気分が交互に現れる双極性の症状もあります。治療も、症状によって適切な薬剤処方やカウンセリング、十分な休養を取るのが基本ですが、症状の特徴が色々とある分、自己判断で完治したと思い込むのは危険です。

脳内物質の分泌量に変化

うつ病の特徴としては、脳内で生成されるセロトニンとノルアドレナリンの分泌量が著しく低下してしまうため、気落ち症状が現れます。脳内の神経伝達に密接なセロトニン、アクティブに活動する気持ちを促進させるノルアドレナリンが不足した状態に陥ると、単に気落ちの症状が現れるだけではないです。極度の不安感に襲われ、緊張、不眠、疲労感が症状として現れやすいです。極度の不安に襲われてしまえば、何かをやるにしても作業がおぼつかなくなるため、仕事や家事の遂行に大きな支障をきたしてしまいます。不安感による緊張によって判断力が欠落してしまっているので、できるだけ仕事や家事から離して十分な治療と休息を取らせるのが重要です。

気落ちの症状だけではない

うつ病に陥ってしまったら、気落ちの症状ばかりに目が行きがちですが、そのほかにも日常生活に支障をきたすような症状が現れます。それは、不眠の症状です。常日頃から、妙な緊張感に苛まれてしまうので、不安がいっぱいで眠りにつけなくなってしまいがちです。そのため、症状に陥ってしまったら、充分な休息が取れなくなってしまいます。不眠の影響で、充分に休息が取れなくなり、疲労感がたまりがちになります。そのため、常日頃から倦怠感に襲われてしまい、何毎にもやる気を起こしにくくなってしまうのです。

効果的な治療方法とは

効果的な治療方法として有効なのが、充分な休息をとることと、医師が処方した薬剤を使用することです。処方箋の力なら、不安になりがちな心を静められる効果が得られます。また、脳内のセロトニンやノルアドレナリンを増やして、気落ちの症状を抑制できます。休息も、気持ちの切り替えを行なうのに有効な手段です。しかし、これらの治療法は、患者への接し方に細心の注意を払わなければなりません。かける言葉や休息のとらせ方によっては症状の改善をさせたり悪化させたりするので、医師と相談しながら遂行するのが望ましいです。

心の重荷を降ろす

女の人

うつ病の症状は、精神的な面が大きいため治療中には、できるだけ仕事や勉強をさせるのを避けた方がいいです。また、専門医師の診断の際、心の重荷に関する言及を極力避けたがるので、話したくなるまで待ってみるのも最適です。

詳細を確認する

保険や医療費負担もあり

相談

うつ病の治療は、休養を取ることが前提なので、収入はどうしようか考えてしまいます。しかし、うつに関しては社会的にも関心が高まってきているので、加入しやすい保険は勿論ですが厚労省が定める医療費保証で負担が軽減できます。

詳細を確認する

休まらないなら

ドクター

うつ病の治療で基本的なのは、体を休めることですが、ただ体を休めるのは逆効果です。好きなことを実践して心を安定化させることを目的としているので、自身にとって落ち着けることをするのが望ましいです。

詳細を確認する

負担を最小限に

悩むレディー

うつ病の治療は、いつ治るのかがわかりにくい分、経済面で不安を感じることが多いです。医療費のことを気にせずに症状と向き合うためには、自立支援医療制度を申し込むのがおすすめで、所得に応じて医療費に上限を設けてくれます。

詳細を確認する